日本剪画協会 作品展より
ホーム
剪画とは…
協会からのお知らせ
作品展より
出版物
協会の活動紹介
日本剪画協会について
会員の作品
サイトマップ
       
第35回日本剪画美術展
2019年6月22日(土)〜6月27日(木)
場所 O美術館
主催:日本剪画協会
後援:文化庁/東京都/品川区 

 毎年開催する本部展では「日本剪画美術展」と題し、ニューヨークの国連本部やカナダ、ベルギー、オーストリアなどの海外では「Senga Art Exhibition」と題して展示会を開催し、どの会場でも多くの賞賛を受けました。

 海外ではモノトーンで表現するSenga Artに、日本美術の鋭さを感じ、恐怖感すら受ける鑑賞者もおりました。これは、日本人の持っている簡潔な感性が大きく影響していると思います。
 浮世絵版画で見られるように、線だけで人物や風景、遠近、硬軟、重軽を表現することは、洋画ではあまり観ることはできません。この浮世絵の線の表現はゴッホや印象派や外光派の画家たちに大きな影響をあたえました。
 このような歴史的背景から考察すると、”剪画は正に日本の優れた美術”だと言えると思います。

 この処、美術を取りまく環境が大きく変わり、人工頭脳(AI)を駆使して他の芸術的表現とつなげて、劇場的コラボな演出展示が多く見受けられます。
 芸術、文化は時の流れに順応したり、逆らったりして発展してきましたが、剪画美術は額装の一点の作品の中に、先鋭な”創作の稜”見いだすことが出来ると思います。

 これからも、剪画美術の発展に会員一同、謙虚に努力し研鑽を積んで参ります。今後とも皆様の益々のご叱咤、ご支援をお願い申し上げます。

⇒入選作品はこちら(工事中)
 
石田良介作品 「郷土の流れ」
展示会場(エントランス))
特設コーナー(谷島茂則会員)
剪画アートで「三”感”王」の一コマ
「氷川神社の十日市」

展示会場に華を添える 会長による講評会 毎年来館して下さる福祉施設の方々

ワークショップ
(体験教室)
表彰式 暮らしの中の剪画
Copyright(c) 2002 Japan Senga Association All rights reserved